お見合い後、相手からの返事の内容を本人に伝える?

2022/11/16 ブログ
結婚相談所

みなさん こんにちは!

婚活サロンベルズの植原です。

 

 

 

 

異性とのお見合いには交際希望か?

それともお断りか?この2つの返事しか存在しません。

 

 

 

 

 

結婚相談所の仲人という立ち位置でお見合いを見守ってると、お断りの結果について本人に正直に伝えるべきか?それとも伝えるべきではないか?2択の選択に時々迷う時があります。

 

 

 

 

 

仲人という客観的な立ち位置では、お見合い相手と本人の答えを同時に知ることができるので、良い答えも悪い答えも本人に伝えようと思えば伝えることはできます。

 

 

 

 

 

ですが全ての答えを本人に話すことで、果たして今後の活動にメリットがあるのか?と考えた時、沢山の疑問が残ってしまうのも事実です。

 

 

 

 

 

お見合いとは仮交際や真剣交際と違い、まだお互い十分に分からないながら初対面で出会い、たった一時間たらずの時間を共にし二人で会話するだけなので、その判断が正直難しいです。

 

 

 

 

 

出会って、たった一時間たらずで相手の内面を全て把握することなど誰もできることではありませんので、また次に会える機会がもらえると本当に嬉しいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

ですが、結婚相談所の婚活(活動)を行っている以上、ルールに基づいて進行していかなくてはいけないので、仲人として日々自問自答の毎日を繰り返しております。

 

 

 

 

 

では、お見合いのお断りの答えはどうするべきか?

 

 

 

 

 

 

答えは伝えないが結論です!

 

 

 

 

 

 

先程もお伝えしたように、お見合いは仮交際や真剣交際と違い、まだ十分に相手のことが分かり合えてない状態で出会う婚活の第一歩です!!

 

 

 

 

 

初対面で出会い相手の顔の表情や匂い、全体の見た目やしぐさ、会話の内容やお互いの価値観や二人の相性など、事前にプロフィールで目を通した内容を現実に肌で感じ取る場でもあります。

 

 

 

 

 

そんな状況のなか

誰でも合う?合わない?は必ずあること。

 

 

 

 

 

なので、この段階でお見合いがお断りの答えだとすると、初めからこの二人のご縁は薄かったと捉え、次のお見合いに向け活動した方が得策だと思うのです。

 

 

 

 

 

纏めると、お見合いで異性の相手に断られても決して落ち込むことはなく、最初から相手とあなたとのご縁が薄かっただけですので、もっとご縁のある方を探していきましょう♪

 

 

 

 

 

結婚相談所の活動は行動して動かなければ良縁は掴めません。

 

 

 

 

 

是非、今後の活動に参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

婚活サロンベルズでは

埼玉県行田市を拠点に展開する

婚活支援サービスです。

 

 

活動エリアは

行田市・熊谷市・東松山市・鴻巣市

・羽生市・加須市・久喜市

 

 

2021年の成婚実績は

行田市の会員2名ご成婚!

 

 

全国結婚相談事業者連盟に加盟し

43000名以上の登録者とご縁を結ぶ

結婚相談所です。